スポンサード リンク

熟睡にはアロマセラピーアソシエイツ

夏などの熱い時期になると寝苦しい日々が続きます。そんな時効果を発揮するのがこのアロマセラピー。焼酎やビールなどアルコールを摂取して寝る人もいますけどアルコールによる熟睡効果はあくまでも一時的なもので、実際には普通に寝るより熟睡時間が短く浅い眠りになるんです。またアルコールには利用作用がありますので、頻繁に目をさますことにもなりかねません。

また、起きるたびに熱いからとエアコンをつけてしまったりということにもなってしまいます。睡眠過程から言うとあまりエアコンなどをつけっぱなしにするのは望ましいことではありません。体温が下がればわれわれの体は再び体温を維持するために筋肉を収縮させ、栄養分を燃焼させます。このような活動が寝ている間に行われるので、熟睡はできなくなります。

こういったことからもアロマセラピーを熟睡のために取り入れることは
大変体にとっても良いことなんです。睡眠の際のアロマセラピーの香りはカモミールやラベンダー、ネロリのオイルの香りが役に立ちます。湯の入った器にアロマオイルを2〜3滴入れてから、香りを吸い込み、湯船に5〜10滴落として、全身をつけるのも良い方法の一つです。しかし熟睡のためにペパーミントやジャスミンの香りを使うのは、注意が必要です。覚醒の効果があるのでかえって眠れない夜を過ごしてしまうかもしれません。アロマセラピーアソシエイツはアロマセラピーの中でも高品質を誇るのでこういった場面でもいかんなくその効果を発揮してくれます。アロマセラピーアソシエイツは高品質で、無農薬、100%自然成分なので安心して使えますよ♪
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 20:15 | アロマセラピーアソシエイツ

アロマセラピーアソシエイツ スクールの選び方

アロマセラピーの資格を取得するには全国各地にあるJAA(日本アロマコーディネーター協会)、ITEC(アイテック)IFPA、NARD JAPAN(ナードアロマテラピー協会)、AEAJ(社団法人日本アロマ環境協会)などの団体の加盟校、スクールなどで勉強する必要があります。アロマセラピーのスクールを選ぶポイントは時間・学費・雰囲気・就職支援になると思います。特に就職支援に関しては重要で、アロマセラピーの資格を所持していても現状では就職するのは結構難しいですので、この就職支援を積極的に行ってくれるスクールはとても魅力が高いです。

時間についてですが、他の専門学校と同様に昼間のコースが一般的で、社会人など、昼間通えない人のために夜間コースを設けているスクールもあります。学費に関してはアロマセラピーの学校、スクールによって当然費用は違ってきますがかかる費用は10〜100万程度が一般的ですね。学校によってかなり差があるようですのでその辺はあらかじめ複数のスクールを調べるなりしてください。

スクールによっては1日無料体験を実施しているところもあります。これもアロマセラピーのスクールを選ぶ際の選択肢の一つになりますね。アロマセラピーのスクールに限らず、専門学校は絶対にこの1日体験を無駄にしない方がいいです。実際入港してからの雰囲気って結構重要ですからね。
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 14:08 | アロマセラピーアソシエイツ スクールの選び方

アロマセラピーアソシエイツ 資格

アロマセラピーには、国家認定の資格ではありませんが民間の団体が認定した資格であれば複数存在します。ただ、国家認定資格ではないので、就職などに有利になるかというとそれはまた別のお話になってしまいますが・・・

日本であればJAA(日本アロマコーディネーター協会)、ITEC(アイテック)IFPA、NARD JAPAN(ナードアロマテラピー協会)、AEAJ(社団法人日本アロマ環境協会)などがアロマの活動団体で資格や検定などを行っていますね。

アロマセラピストは国家資格ではありませんので、治療行為とは認められていません。ですので別に取得していなくても施術を行うことはできるんですね。また、アロマセラピー単体でのビジネスを成立させるのは現状では非常に難しいと言わざるを得ません。実際就職などもアロマセラピースクールの講師程度だと思います。

しかし、今後ますますストレス社会になると予想されている中でこのアロマセラピーの需要が高まっていくと思われます。その他、子供の教育の場や老人の介護の場などアロマセラピーがより活躍の場を広げることでしょう。今後のビジネスチャンスのために、今のうちにアロマセラピーのスクールに通い最先端のアロマセラピー技術を学んでおくのも一つの手かもしれませんよ。
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 16:00 | アロマセラピー 資格

アロマセラピー

アロマセラピーアソシエイツを語る上で、まずはアロマセラピーの解説からしないと何も始まりませんね。アロマセラピーとはアロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも、広義にアロマセラピーと呼ばれる。

〜ウィキペディアより転載〜

↑を見ても分かりますが、アロマセラピーは芳香を持つ植物資源から抽出した精油を使用して、心身のバランスをとり、病気などを予防する自然療法の事です。アロマは「芳香」、テラピーは「療法」を意味します。体に使用する場合が多いですので、アロマセラピーを行う場合は使用する精油の品質が物すごく重要です。

アロマセラピーアソシエイツはその中でも高品質であり遺伝子組み換え、合成着色料、鉱物油、蜂蜜を除いた、動物由来の原材料は一切使用せず、栽培者を地域などで選別し、無農薬で生命力を凝縮しているなどのこだわりを持って製造していることから、世界中のアロマセラピストや高級スパからも認められるほどの製品になっています。

アロマセラピーを選ぶ基準はやっぱり100%天然であることが基準になりますね。学名や産地、抽出方法などが記載されていることも選択の基準になります。また、最近では動物にアロマセラピーを行う機会も増えてきたようですね。ますます動物が人間に近い生活になって言ってますね。
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 22:26 | アロマセラピーとは

アロマセラピーアソシエイツとは?

なんだかめちゃくちゃ名前が長いんですが(笑)
アロマセラピーアソシエイツとはなんでしょうか?アロマセラピーと
何が違うんでしょう^^;

ということで少し調べてみました。

アロアソの名称で親しまれているアロマテラピーアソシエイツはセラピストによって生み出され、1985年に英国にて創業、世界中のアロマセラピストや高級スパに世界水準の高さを認められ、アロマセラピーの殿堂
として広く認知され、その製品は6種類のシリーズに分類され、そのテーマを象徴する色彩でパッケージされています。遺伝子組み換え、合成着色料、鉱物油、蜂蜜を除いた、動物由来の原材料は一切使用せず、
栽培者を地域などで選別し、無農薬で生命力を凝縮しているのも特徴の一つでアロマセラピーアソシエイツのこのこだわりが高い品質のアロマセラピーを生み出す要因になっています。現在アロマセラピー アソシエイツは英国を代表する最高峰のブランドとして本物を知るセラピストたちに広く愛されています。

マルセイユ石鹸などもそうなんですが、英国をはじめとしてヨーロッパにはアロマセラピーアソシエイツのような、こだわりを持った製品が多いような気がしますね。やはり、こういった関連の製品の歴史が長いことが要因なんでしょうか。アロマセラピーアソシエイツは伊勢丹などの百貨店、デパートをはじめ通販などでも買えます。個人的にはアロマセラピーアソシエイツ ディープリラックスがお勧め♪落ち着いた香りで良いです。
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 14:48 | アロマセラピーアソシエイツ

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。