スポンサード リンク

熟睡にはアロマセラピーアソシエイツ

夏などの熱い時期になると寝苦しい日々が続きます。そんな時効果を発揮するのがこのアロマセラピー。焼酎やビールなどアルコールを摂取して寝る人もいますけどアルコールによる熟睡効果はあくまでも一時的なもので、実際には普通に寝るより熟睡時間が短く浅い眠りになるんです。またアルコールには利用作用がありますので、頻繁に目をさますことにもなりかねません。

また、起きるたびに熱いからとエアコンをつけてしまったりということにもなってしまいます。睡眠過程から言うとあまりエアコンなどをつけっぱなしにするのは望ましいことではありません。体温が下がればわれわれの体は再び体温を維持するために筋肉を収縮させ、栄養分を燃焼させます。このような活動が寝ている間に行われるので、熟睡はできなくなります。

こういったことからもアロマセラピーを熟睡のために取り入れることは
大変体にとっても良いことなんです。睡眠の際のアロマセラピーの香りはカモミールやラベンダー、ネロリのオイルの香りが役に立ちます。湯の入った器にアロマオイルを2〜3滴入れてから、香りを吸い込み、湯船に5〜10滴落として、全身をつけるのも良い方法の一つです。しかし熟睡のためにペパーミントやジャスミンの香りを使うのは、注意が必要です。覚醒の効果があるのでかえって眠れない夜を過ごしてしまうかもしれません。アロマセラピーアソシエイツはアロマセラピーの中でも高品質を誇るのでこういった場面でもいかんなくその効果を発揮してくれます。アロマセラピーアソシエイツは高品質で、無農薬、100%自然成分なので安心して使えますよ♪
posted by アロマセラピーアソシエイツ at 20:15 | アロマセラピーアソシエイツ

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。